読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やらなきゃいけない事は山ほどある。

日々、悩んだりもやもやすることはあるけど、それよりやらなきゃいけない事はたくさんあるんだよね。どうもののこです。

 

 前からなんだけど、感じの悪い年配の方に会うと、全部うちの親と重なってイライラしたり、うちの親もこういう事やって他所様に迷惑かけてるんだろうなぁ…なんて思って1人で辛くなったり。

そんな事いちいち悩んでる暇あったら、仕事で使う本を1冊でも多く読んだ方がよっぽど有意義だよね。

仕事で山にまつわる小説を扱う事になったのですが、候補に挙げた本を1冊も読んだ事がなかったので、取り急ぎ読んでみようかなぁと。 

 

うん、頑張ろ。

入籍が済んじゃえば生まれた家の事はおしまい。

あとは自分が作る家族とこれからの時間を大事にしていかなければ。

 

明日はお休みだー。

ではでは。

 

 

 

 

思い出す事など。

6月の初めに顔合わせがあるので、これからはちゃんと親と普通になれたらって思ってたんだけど、最近また過去の色々を思い出して1人でもやもやしたりね。馬鹿みたいなんだけどね。

どうもののこです。

 

中学生の時、好きだったアーティストが深夜にやってるラジオ番組を毎週聴いてて、最終回の日にどうしても生電話したくて、親が寝てる時にかけた事があって。結局繋がらなかったんだけど。

そしたらその数日後に、父親が大事な話があるって言って部屋に入ってきて、何の事かと思えばその時の説教で。

電話代がもったいないって怒られたのか、何で怒られたのか全然意味がわからなかったんだけど、とりあえずわかったのは、うちの親ってやっぱりどこか変わってるんだなぁって事。

 あと、高校生になってから部屋で電話してると、いきなり部屋のドア全開にされたりとかよくあったなぁ。

たまにテレビで芸能人の家族が出てるの見たりすると、うちの親はコミュ障だから絶対こういうの無理だなぁ…ってちょっと羨ましく思ったりね。まぁそういう機会はまずないんだけどさ。

 

あと、高校生の時にパンク系の服装に憧れて、札幌行った時に貯めてたお小遣いで安ピンバリバリの服を初めて買ったんだけど、親に内緒で買った事への罪悪感が凄くなって、結局自己申告して謝った事とかあったなぁ。

おしゃれ禁止な親だったので、服にお金をかけてしまったっていうのが罪悪感の原因だと思うんだけど、別に自分のお小遣いで買ったんだし、今思えば別に悪い事してた訳じゃないし、何で謝ったんだろうね。

受験が終わった後、たがが外れて服をやたら買ったんだけど、引っ越しを手伝いにきた親に、水商売の女みたいな服って言われたっけね。

 

何かもう、恨み骨髄っていうか、私もそんな事ばっかりよく覚えてるよね。

大学1年の時に父方の祖父が亡くなって、お葬式で親戚一同で大喧嘩になった事とか、未だに夢に出てくるし。

 

30過ぎて親を許せないやつは馬鹿だって言うし、親になったら自分の親に感謝するようになるって言うけど、まずは自分がこういうもやもやした気持ちとうまく付き合っていかなきゃって事だよね。

今まで疎遠にしてきた分、いきなりちょっと距離が近づいて辛くなってるだけなのかも。

 

とりあえず、今日も1日頑張ります。

ではでは。

 

 

アイデンティティがない。

ちょっと今月は、自分のメンテナンス月間にしようと思います。そのための出費はいた仕方ないという事にしよう。どうもののこです。

 

最近、観たい映画やら読みたい本やら仕事関係で読もうと思ってる本やらが溜まってきててちょっと困っております。

体は1つしかないから無理のないようにやらんとね。でも忙しいのはいい事だ。

 

てか、今まで自分は読書が趣味って事にしようと思ってたけど、実際そんな読んでないし、好きでもないのかもと気付き始めててやばいです。

三十路にしてアイデンティティ崩壊の危機。笑

 

何というか、自分はちょっと人とずれてて生きづらさみたいのを感じてて、それを何か表現に変える事で昇華させようみたいな事を考えてた事もあったけど、よく考えてみたら、そんなネタに出来るほどの人生でもないし、自分や家族をネタに売るほどの勇気もないっていう。

もしかしたら、自分は意外と普通の人なのかもしれないです。

それならそれでよかった。

 

しかし、本気か盛ってるだけかわからないけど、こないだ実家に挨拶に行ってきて、両親の私自慢にちょっと衝撃を受けたっていう。

親的には、これだけ頑張って育ててきたって、自分で認めてあげないと報われないのかもしれない。

そして私ももう大人なんだから、いちいち実はそうじゃないって否定したりへこんだりしてないで、自分は自分って割り切っていく事が大事なんだろうね。

しかし、あれを両家顔合わせでやられたら、彼のご両親にどん引きされるんじゃなかろうか。笑

 

今日も1日頑張ります。

ではでは。

疲れがとれない感じ。

5月はちょっと忙しい気がして、なかなか流れについていけてない感じがします。どうもののこです。

 

赤ちゃんは待ってくれないからね。

むしろいつ来てもいいように迎える準備をしとかないと。

 

仕事の話なんだけど、やっぱり、いざって時はその時にあるもので戦わなきゃいけないわけだから、やっぱり日々の勉強って大事なんだなぁって。

本当は、通勤時間長いから本でも読みたいところなんだけど、今の自分には、通勤時間中にどれだけ体を休められるかの方が大事っていうね。甘いっちゃ甘いけどさ。

 

とりあえず、今日1日頑張るべし。

 

ではでは。

これからって時に。

色々考え出したら止まらないっていう。

 

まぁ、何というか。

自分が母親にめちゃくちゃ辛く当たられたのって、やっぱり嫌いな男との子供だったからなんだなぁって考えるとすごく腑に落ちるというか。

そんな嫌いな男でも、生活のために、どちらか死ぬまでは一緒に暮らしていくって、そんな不幸な人生ないよね。

 

そんな訳で、子供の頃は、男好きは10年早いだの、水商売の女みたいな服装だの、大阪には絶対行かせないだの、色々酷い言い回しで自分の好きなものだったり、興味のあるものを悉く否定されてたけど、あれって結局、親が知らなかったり、興味のない事だったから否定されてたんだろうなって。金銭的な問題はともかくとして。

すごい勉強させて良い仕事につかせて鼻高々になりたかったみたいだけど、逆に私がすごく英会話にはまって、留学したいとか言っても、全力で反対されたんだろうなって思います。

 

多分また、自分基準の人生論みたいのを色々言ってくるんだろうけど、生きてる時代も違うし価値観なんて人それぞれなんだからって、聞いててホントイライラしちゃうんだよね。

 

聞き流せるくらい大人にならなければ。

 

たぶん寂しいんだろうとは思うけど、これが今まで私にしてきた事の結果だって事で、もう諦めてほしいです。

他人様だって音を上げるんだもの、血が繋がってるから理解できるなんて大間違いだよ。

 

とりあえず、行ってきます。

 

かき氷の思い出。

この時期になると、無性にかき氷が食べたくなるっていうね。どうもののこです。

一昨年のGWは、5月なのに結構暑くて、当時の仕事の関係で1日に何件もお店を巡ってかき氷を食べ歩いたのがいい思い出です。

当時は色々あったけどね。

でもあの仕事してなかったらこんなにかき氷も好きにならなかっただろうしなぁ。

 

旅行とか、今しか出来ない事を今のうちにやっといた方がいいよって言われると、この時期だったら天気の良い日に雪みるくのいちごのかき氷を食べに行きたいです。

混んでるだろうけどね。

 

今日も1日頑張る。

ではでは。

あと1日、とあと5日。

やっぱりお休みの日が楽しみです。どうもののこです。

 

実際親に話してみて、自分が思っていたようなひどい反応はされなかったので、ちょっと安心しました。まぁ相変わらず過保護だけど。

 

てか、30過ぎの人に対して過保護って、そういうもんなのかねぇ…。

 

とりあえず、あんまり悪いことは考えないで、今日と、火曜日からの5日間を頑張ろうと思います。

 

ではでは。