産休まであと2週間。

ここ数日で急激に疲れやすくなったので、この2週間をいかに快適に過ごすかがキモになってきそうです。

 

こないだ迷って結局買わなかったスリッポン、やっぱり買っとけばよかったな。

 

たぶん実家の事で若干憂鬱になったからか、ちょっと気持ちが落ちてる事も原因だと思うので、気持ちを上げる努力をしつつ後半戦も頑張っていきたいと思います。

 

ではでは٩(ˊᗜˋ*)و

もーやだ。

実家に電話なんかしなきゃよかった。

朝あんな事言ってたくせに、それでも一応やっぱりなんて思って電話したのが間違いだったよ。

 

自業自得でへこんで、泣きそうになって、赤ちゃんにまじ申し訳ないよ。

 

こういう、家族と縁の薄い星の下に産まれてしまったのはもう諦めるしかないし、今後もうっかり期待しないように気をつけなければ。

 

自分の子供にはこういう思いさせたくないよね、ほんとに。

 

こういう事を、ごく普通の生き方をしている人に理解してもらおうとするのは難しいだろうから、何にせよ自分が強くならなきゃって事だよね。

 

落ち着け、自分。

 

 

 

大事な事を忘れてた。

産後の生活について、やっぱり実家に助けてもらった方がいいよって言われて話してみるべきなのかなってちょっと思ったりしたけど、よく考えたらそんなにあっさり解決できるような話だったら、ここまでこじれてないだろうって事なんだよね。

そもそも、母親は編み物とか、自分のやりたいと思う事はやってやりたいっていうけれど、産後の生活を助けてほしいなんて言ったら、まさかそこまで頼られると思ってなかった、自分の時は…なんて言われるのがオチなんだよね。

父親は病的に自分の身の回りの事が出来ない人だし。

自分勝手な性格は絶対旦那にもストレスになるだろうし、そんな事なら自分で家電新調するなり宅配弁当頼むなりした方がいいはずなんだよね。

まず、私がまともに育てられていればこんな人間になってないし、まともな育児もできない人に頼ったところで自分の精神衛生上良くないしね。

 

実家からの手伝いの事を聞かれたら、ちょっと体調が悪いみたいでとか言い訳作って、自分で何とか頑張ってみよう。

物理的に実家に頼れない人だってたくさんいるんだからね。頑張らなければ。

 

 

考え方の違い。

バンドじゃないけどさ、家族も解散できたらいいのにね。

 

みんなそれぞれに自分の生活を見直して、もしまた戻りたいと思ったら再結成とか。

 

 

自分はもう嫁に行ったので実家の人間ではないから、もうそんな事いちいち考えなくてもいいんだけどね。

 

ももう歳なんだから歩み寄らなきゃって気持ちと、私の事大事に思ってるんだったらむしろ絶縁してくれって気持ちが入り混じって、毎日辛いです。

 

赤ちゃんの事も気になるので、電話で声を荒らげるのはやめたんだけど、何かしてあげたいって言われると、その場は笑ってやり過ごすけど、後でスマホを投げつけててめーらにしてもらいたい事なんてこれっぽっちもないわ、出来るんなら搾取した分の私の人生返せやって言ってやりたくなる衝動に駆られる自分を何とかしたいです。

 

こういうもやもやをさっぱり手放すには、どうしたらいいんだろうね。

 

今週もあと2日、頑張る。

ではでは。

 

 

昔の話。

大学生の時、女ゆえの生きづらさみたいな事にすごく関心があって、ゼミの先生にはそんなの論文のテーマに値しないってすごく怒られたっけな。

でも当時の自分はそれにしか興味がなくて、結局そういう方向の卒論を書いたんだけど、口頭試問の時に、あなたはこれを書かないと生きられなかったんだね的な事を言われて、お情けで卒業させてくれた感がすごくあったので、当時の自分は、馬鹿にしやがってというか、悔しいというか、何とも言えない気持ちを抱えていた気がします。

でもあれから時間が経って改めて当時を振り返ると、ゼミの先生の言ってた事は全部正しかったなって。

 

太宰さんの『女生徒』を初めて読んだ時、こういう事を考えてる人が自分以外にもいるって事に衝撃を受けて、卒論で扱うならこれしかないって思ったわけだけど、実際に自分が興味を持ってた事は、論文にするような高尚なものじゃなくて、単に自分が親と上手くいかない事が原因だったっていうね。

言っちゃえば、ただ卒論で身内の恥を暴露しただけっていう、冷静に考えれば死にたくなる程恥ずかしい事をやってたわけで。

でも、確かに、ああいう事をしなければ自分は生きられなかったのかもしれない。

 

あと、ゼミの先生には、あなたのお母さんには会いたくないなぁ的な事を言われたのもすごく記憶にあるんだけど、もしかしたら、うちが訳ありだって見抜かれてたのかもね。

マジで恥ずかしいわ。機会があれば謝罪したい。笑

 

あれから社会に出て色々あって、自分もそこそこの常識は身につけたんじゃないかなぁと思うけど、未だにやっぱり親とは上手くやれそうにないです。

向こうも歳をとったし、自分も家庭を持ったので、大人の付き合い方をしていかなければと思うんだけど、本当に大事に育てた的な事を言われるたびに怒りがどんどん湧き上がってきて、気持ちが暴走するのを止められないっていう。

これは結構自分でも辛いし、子供にも悪影響だと思うので、やっぱりあまりにも辛いようだったらカウンセリングとか受けてみた方がいいのかもね。

わざわざ病院行くほどの事じゃないって今までなだめすかしてたけど、これはもう正直そのレベルなのかもしれない。

 

今日は何か疲れてるっぽいので、美味しいもの食べて体を休めようと思います。

 

ではでは。

 

それはまるで呪いのような。

自分の体力を過信しすぎているみたいで、ちょくちょくマイナートラブルもあるのですが、そういう時にちゃんと赤ちゃんの事を第一に考えられるようにならなければと痛感しています。

 

赤ちゃんも1人の意思を持った人間なんだから、あんまり自分のネガティブが伝わるとか気にしすぎるのもどうかと思うけど、それでもやっぱり伝わってたらかわいそうだからね。

 

でもこうやって改めて思うと、やっぱり自分親離れできていないですね。

自分に何かあった時、親が、特に父親がこうだったから自分はこういう人間になってしまったみたいに思う事が未だに多くて、時々すごい怒りがぐわって沸き起こる事があって。

色んな方に父親似だって言われる事が多いので、体調が悪くなると、やっぱり体質とか受け継いじゃってるのかなぁみたいな。

そんな事思ったってどうしようもないから、そういう体質も含めて自分で何とかする覚悟を持たなきゃいけないんだよね。もういい大人なんだから。

人のせいにするのは自分が楽だから。

そろそろそういうのは卒業しなければ。

 

赤ちゃんの事、もし自分に似てる所があっても、あんまり言い過ぎるのはやめとこう。

男の子だし、お母さんに似てるって言われすぎると本人も嫌だろうしね。

お母さんは弱い人間だけど、そういうのに振り回されず強く元気に育ってほしいです。

 

というわけで、今日はやっぱり無理せず休もう。

ではでは。

 

先の事は未知数。

6月までは本当にあっという間だったけど、来月も、再来月も、こんな風に元気に仕事に通えるんだろうか。

お久しぶりです。どうもののこです。

 

お腹がかなり大きくなってきて、日々赤ちゃんが可愛くなってきている今日この頃なのですが、そんな赤ちゃんに対して色々やってあげたいと張り切っていた実家の事を思うと、何とももやもやした気持ちになるっていうのを日々繰り返していて若干辛いので、今の実家に対する気持ちをまとめておこうかなと思います。

 

正直、いらなかったのに何で産んだんだっていう恨みつらみと、お前の事を思ってって言葉は嘘だった、結局自分の事しか考えてなかったって謝罪してほしい気持ちはあるんだけど、逆に言えば、自分が産まれてきて、親の自由を奪ってしまったり、離婚したくてもできない状況を作ってしまった事を私が謝らなきゃっていうのと、そんな憎たらしい敵みたいな存在の自分を育児放棄しないで、成人するまで育ててくれた事にはやっぱり感謝しなければいけないなと、最近ちょっと思うようになってきました。

特に母親に対しては、自分さえいなければ、義実家にあんなにいじめられて辛い思いをしなくてすんだんだろうなぁと思うと、本当に辛いです。

過ぎてしまった時間はもう戻ってこないからね。

今思えば、父親似の自分は、母親のサンドバッグ役を抵抗せず受け入れるべきだったのかもしれないです。

それで母親の気がすむんだったら。

 

そして、自分が嫁に行った事で、早く家族っていうものから解放してあげたいって、心から思っています。

 もう30年も家族とかもろもろのしがらみに縛られて、自分の人生の楽しみ方を忘れてしまっているかもしれないけど、人生の大半を苦労してきた分、母親には少しでも幸せになってほしいです。

誰かに依存するんじゃなくて、ちゃんと自分本来の幸せを取り戻してほしい。

 

で、そんな母親の苦しみをずっと見て見ぬ振りをしてきて、今になって過去は忘れてこれからの人生を生きようとか平気で言っちゃう父親に対しては、もう嫌悪感しかないです。笑

あんな人間の血を受け継いでるとか考えると、本気で死にたくなる。笑

 

まぁ、あんまりネガティブになってもしょうがないから、自分は自分の子供にこういう思いさせないように、しっかりしないとね。

 

あと1日頑張る。

ではでは。