読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからって時に。

色々考え出したら止まらないっていう。

 

まぁ、何というか。

自分が母親にめちゃくちゃ辛く当たられたのって、やっぱり嫌いな男との子供だったからなんだなぁって考えるとすごく腑に落ちるというか。

そんな嫌いな男でも、生活のために、どちらか死ぬまでは一緒に暮らしていくって、そんな不幸な人生ないよね。

 

そんな訳で、子供の頃は、男好きは10年早いだの、水商売の女みたいな服装だの、大阪には絶対行かせないだの、色々酷い言い回しで自分の好きなものだったり、興味のあるものを悉く否定されてたけど、あれって結局、親が知らなかったり、興味のない事だったから否定されてたんだろうなって。金銭的な問題はともかくとして。

すごい勉強させて良い仕事につかせて鼻高々になりたかったみたいだけど、逆に私がすごく英会話にはまって、留学したいとか言っても、全力で反対されたんだろうなって思います。

 

多分また、自分基準の人生論みたいのを色々言ってくるんだろうけど、生きてる時代も違うし価値観なんて人それぞれなんだからって、聞いててホントイライラしちゃうんだよね。

 

聞き流せるくらい大人にならなければ。

 

たぶん寂しいんだろうとは思うけど、これが今まで私にしてきた事の結果だって事で、もう諦めてほしいです。

他人様だって音を上げるんだもの、血が繋がってるから理解できるなんて大間違いだよ。

 

とりあえず、行ってきます。