先の事は未知数。

6月までは本当にあっという間だったけど、来月も、再来月も、こんな風に元気に仕事に通えるんだろうか。

お久しぶりです。どうもののこです。

 

お腹がかなり大きくなってきて、日々赤ちゃんが可愛くなってきている今日この頃なのですが、そんな赤ちゃんに対して色々やってあげたいと張り切っていた実家の事を思うと、何とももやもやした気持ちになるっていうのを日々繰り返していて若干辛いので、今の実家に対する気持ちをまとめておこうかなと思います。

 

正直、いらなかったのに何で産んだんだっていう恨みつらみと、お前の事を思ってって言葉は嘘だった、結局自分の事しか考えてなかったって謝罪してほしい気持ちはあるんだけど、逆に言えば、自分が産まれてきて、親の自由を奪ってしまったり、離婚したくてもできない状況を作ってしまった事を私が謝らなきゃっていうのと、そんな憎たらしい敵みたいな存在の自分を育児放棄しないで、成人するまで育ててくれた事にはやっぱり感謝しなければいけないなと、最近ちょっと思うようになってきました。

特に母親に対しては、自分さえいなければ、義実家にあんなにいじめられて辛い思いをしなくてすんだんだろうなぁと思うと、本当に辛いです。

過ぎてしまった時間はもう戻ってこないからね。

今思えば、父親似の自分は、母親のサンドバッグ役を抵抗せず受け入れるべきだったのかもしれないです。

それで母親の気がすむんだったら。

 

そして、自分が嫁に行った事で、早く家族っていうものから解放してあげたいって、心から思っています。

 もう30年も家族とかもろもろのしがらみに縛られて、自分の人生の楽しみ方を忘れてしまっているかもしれないけど、人生の大半を苦労してきた分、母親には少しでも幸せになってほしいです。

誰かに依存するんじゃなくて、ちゃんと自分本来の幸せを取り戻してほしい。

 

で、そんな母親の苦しみをずっと見て見ぬ振りをしてきて、今になって過去は忘れてこれからの人生を生きようとか平気で言っちゃう父親に対しては、もう嫌悪感しかないです。笑

あんな人間の血を受け継いでるとか考えると、本気で死にたくなる。笑

 

まぁ、あんまりネガティブになってもしょうがないから、自分は自分の子供にこういう思いさせないように、しっかりしないとね。

 

あと1日頑張る。

ではでは。